スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬に夏目

先日買い物に出かけ、レジでお金を払おうとしたら、財布の中の野口先生の間に一枚だけ明らかに緑っぽいお札が入っているのに気付きました。
とにかく会計を済ませ、店の外で改めて確認してみると、なんと懐かしの夏目先生のお顔が現れました。しかもピン札。

しかし不思議なことに、私はこの夏目先生にまったく心当たりがありません。

最初はお釣りに入っていたのかと考えました。しかし、私の買い物は基本的に千円札オンリーですので、お釣りとして貰うはずはありません。

するとお小遣いの中に混じっていたのか。でもこの線も疑わしい。せいぜい二、三枚のお札の中に一枚違うお札紛れていればいくら私がずぼらといっても、さすがに気付くはずです。

第一、最後に貰ったときは折り畳んだ状態で貰ったのを記憶していますので、ピン札の夏目先生が入り込む余地はないはずです。

いろいろ考えた結果、外部の誰かが入れたという線が濃厚です。

私の住む学生寮はかつては盗難が横行していたそうで、(今でも年何回か発生)談話室のテレビは半分以上が故障しているくせに、全室にごっつい番号式の鍵が配備され、財布は机に鍵をかけて保管するように入寮時に教え込まれます。

しかし、この机の鍵というのが既存の机の引き出しに蝶番が付いていて、各自が南京錠か何かで鍵をするというお粗末な代物で、半分くらいは蝶番が壊れて外れて用をなさないという悲惨な状態です。

かく言う私の机もその口で、そういう場合は各自が知恵を絞って部屋に隠すわけです。盗難の被害に遭うのはたいていがこの手の財布です。

誰かが盗難にあった場合、各部屋が取り調べられ、盗んだ財布が出てくれば犯人は御用となるわけですが、たいていの場合は財布からお金だけを抜き取るタイプの犯行で、発覚しにくく、したらしたで被害者が紙幣ナンバーを控えでもしていない限りは迷宮入りになってしまいます。

しかし、盗まれたのが一万円札だった場合、財布の中身を調べて一万円を持った奴を調べればある程度の絞り込みが利くわけです。

つまり、私を陥れたい誰かが私の財布にこの夏目先生を入れ、ピン札の旧千円札が盗まれたと届け出て、私の財布を調べてこの夏目先生が出てくれば、私は有力な容疑者です。

実際のところはわかりませんが、万一本当に陥れられては大変なので、神様からの遅れたお年玉ということにして、次なるモデルガン購入のための積立金の一部として隠しておくことにしました。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://nangking.blog44.fc2.com/tb.php/11-0a1cd512

«  | HOME |  »

FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (5)
買い物 (4)
日記 (24)
MODEL GUN(REVOLVER) (2)
野球 (12)
カード雑記 (1)
カード開封 (2)

最新トラックバック


プロフィール

 風林火山 

Author: 風林火山 
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。