スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ちに行くのさLOTTE!LOTTE!LOTTE!

あのロッテが強い!

川崎ロッテをささえた「走る将軍」西村監督のもと、近年まれにみる強さで目下首位争いを展開中です。

大奮起する主将西岡、黄金ルーキー荻野、全盛期の清原を想起させる金、大きな成長を遂げた大松、9番ながら3割を打つ今江、違う意味で話題の神戸などを擁する強力打線がスタジアムを盛り上げ、

投げてはエース成瀬が、期待の唐川大嶺が、ベテラン小野が、サブマリン渡辺が、蘇る川越が敵を沈黙させ、帰ってきた藪田、急成長の古谷、期待の大谷、カムバック賞候補の秋親が中を継ぎ、いまだ無失点の小林が後を絶つという豪華な布陣で台風の目となっていました。

そう、なっていました

好事魔多しとはよく言ったもので、ここ数週間でロッテの歯車は急激に狂い始めました。

最初にやられたのは栄光の29番を背負う小野でした。4月に下半身を故障して離脱し、ローテーションに穴があきました。

その直後に今度は復活目前の川越がやられます。太ももを痛めて途中降板。これで2つ目の穴。

次はビッグ3の出世頭、唐川が文字どおりやられました。横浜戦で右手に打球を受け、骨折。

そして期待の星大嶺はけがこそしなかったものの、乱調で二軍に降格。かくして、残ったローテーション投手は被本塁打王の成瀬と、負け運がついて回る渡辺だけになりました。

まだまだロッテの不幸は止まりません。

3割を打ち、盗塁王にして最多犠打を誇っていたスーパールーキー、荻野がひざを痛め、手術で離脱。代わりが早坂ではいかにも不安です。

さらには中継ぎの柱、伊藤がこれまた右手に打球を受けて途中降板。

とどめは今日の阪神戦、復活登板の小野が今度は右肩に打球を食らい、降板。あわてて登板した川越は打たれに打たれ、今季初の零封で負けてしまいました。

ロッテファンになって十年余、負けることには慣れきった私でも、この呪われているとしか思えない惨状には、さすがに目を覆いたくなります。

心配なのは、荻野と小野です。投手にとっての肩や、俊足の野手にとってのひざは最も大事な部位です。仮に治ったとしても、故障前のプレーが取り戻せるかどうかわかりません。非常に心配です

ロッテは黒木を故障で失ってしまった悲しい過去があります。しかし、村田兆冶のように故障から蘇った選手もいます。彼らにはぜひ、村田兆冶のように蘇ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://nangking.blog44.fc2.com/tb.php/43-523623f7

«  | HOME |  »

FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (5)
買い物 (4)
日記 (24)
MODEL GUN(REVOLVER) (2)
野球 (12)
カード雑記 (1)
カード開封 (2)

最新トラックバック


プロフィール

 風林火山 

Author: 風林火山 
FC2ブログへようこそ!


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。